スマートコントラクトとは?特徴とメリットと実例まとめ

スマートコントラクト(Smart Contract)は、日本語で『賢い契約』を意味します。スマートコントラクトという言葉に明確な定義はないのですが、プログラムによって自動化された契約などの意味で使われています。

仮想通貨に興味を持っている方は、このスマートコントラクトという言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

ある程度意味を理解して、今後の資産運用や投資をより深く理解していただくためにも、今回はスマートコントラクトについて解説をしていきます。

登録は超簡単!仮想通貨を手に入れよう!

『ビットフライヤー』は、はじめての人でも簡単に登録できすぐ仮想通貨を手に入れることができます。圧倒的な使いやすさとチャートの見やすさで毎日チャートを見るのが楽しくなります。今がチャンス!仮想通貨を購入するならビットフライヤーに登録しましょう。

bitFlyerに登録する

スマートコントラクトとは?意味と提唱者

冒頭でもお伝えしたように、スマートコントラクトとは、賢い契約を意味するプログラムによって自動化された契約を意味します。

定義は曖昧

しかし、あくまでも上記のような場合に『スマートコントラクト』という言葉が使われていることが多いのだけであって、実際にはスマートコントラクトの定義は曖昧になっています。

スマートコントラクトの定義については、技術者や専門家の間で議論されていますが、合意もされていないし、今後もしばらくは明確な定義が打ち立てられることも少なそうです。

あくまでも「このような意味合いで使われている」という認識で捉えていただければと思います。

スマートコントラクトの意味合い

定義が曖昧なスマートコントラクトですが、いくつかの意味合いで使われています。上から順に広義→狭義といった意味合いです。

賢い契約

スマートコントラクトの直訳。かなり大雑把な表現。

デジタルでの約束事

下でお伝えする提唱者のNick Szaboによる定義がこちらです。

プログラム化された契約

デジタルかつプログラム化によって自動的に契約されることでスマートコントラクトになるという考えです。

自力執行権を持つ契約

自動執行権(自力救済)とは、司法手続きを取らなくても自力で契約内容の執行ができるということです。

スマートコントラクトのプラットフォーム上で動くプログラム

スマートコントラクトのプラットフォーム(イーサリアム上を意味することが多いです)で動くプログラムをスマートコントラクトと呼んでいるケースもあります。

提唱者はNick Szabo

スマートコントラクトという概念は、仮想通貨が誕生する遥か昔の1994年にNick Szaboという暗号学者によって提唱されたと言われています。

Nick Szaboという人物は暗号業界ではかなり有名な人で、ビットコインのベースともなったBitgoldという分散型通貨のアイディアを出しており、さらにはビットコインの開発者『サトシ・ナカモト』の正体なのでは?とも噂されています。

また、イーサリアムの通貨単位『Ether(ETH)』の補助単位として『sazabo』が使われています。ビットコインでいう『satoshi』のようなものです。

ブロックチェーンでのスマートコントラクトのメリット

定義が曖昧なまま話を進めて恐縮ですが、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを行うことで以下のようなメリットが生まれます。

全ての履歴が残る

ブロックチェーンでやり取りを行うことで、自動的にそれまでのやり取りが全て記録に残ります。通常の契約では、契約書を作成して第三者に認証してもらわなくてならないケースでも、その過程を自動化することが可能です。

コスト低下に繋がる

結果的に人件費や時間のコストを大幅に削減することが可能になってきます。特に、契約に関する訴訟なども大幅に減少することが考えられますので、今までの当たり前を大きく変えてくれる仕組みにもなり得ます。

スマートコントラクトとの実例

このように、メリットが大きいスマートコントラクトですが、Nick Szaboの定義でいくと、身近なもので自動販売機がスマートコントラクトの例として挙げられます。

「利用者がお金を入れる」→「金額を満たしたらボタンが光る」

「特定の商品のボタンを押す」→「特定の商品が出てくる」

これが自動で行われます。身近すぎて意識していなかったでしょうが、自動販売機での購入も売買契約を行っていることになります。

スマートコントラクトと普通の契約の違い

反対に普通の契約にいても触れておきましょう。

AさんとBさんがいて、Aさんが1万円でカバンを買いたいと思っていました。Bさんがカバンを売る人です。2人が直接会えるのであればそこまで問題ないかもしれませんが、遠く離れてどちらかが先に金品を送らなければならない状態になるとします。

Aさんの言い分は「お金を払う前に商品を届けてほしい」ですし、Bさんからすれば「商品を送る前に入金を確認したい」です。

そのような状態だといつまで経っても商品発送されませんので、そのことを証明する第三者が登場してきます。これをエスクロー取引と言いますが、第三者に手数料を支払う必要があります。

しかし、お伝えしたようにスマートコントラクトとでは取り引きの証明を自動的に行ってくれるので、手数料がかかりませんし、人の手を介さない分時間短縮にも繋がるスマートな取り引きができるのです。

イーサリアムのスマートコントラクト

スマートコントラクトと言えば『イーサリアム』と言って良いほど親密な関係にありますが、イーサリアムは、もともと分散型アプリケーションプラットフォームスマートコントラクトのプラットフォームとして誕生しました。

つまり、イーサリアムにはスマートコントラクトを実行するために開発された側面もあるのです。

イーサリアムのプラットフォーム上で、今後も様々な契約にまつわるアプリケーションが開発されていくことが期待できます。

イーサリアム(Ethereum)を徹底解説|チャートと特徴と将来性

2018.04.15

まとめ

いかがでしょうか。スマートコントラクトには明確な定義こそはありませんが、大まかなイメージはつかめていただいたかと思います。

ニュースなどで目にする聞きなれない言葉も少しでも意味が分かるだけで理解がさらに深まりますから、今回の内容を頭の片隅にでも置いておいていただければと思います。

登録は超簡単!仮想通貨を手に入れよう!

『ビットフライヤー』は、はじめての人でも簡単に登録できすぐ仮想通貨を手に入れることができます。圧倒的な使いやすさとチャートの見やすさで毎日チャートを見るのが楽しくなります。今がチャンス!仮想通貨を購入するならビットフライヤーに登録しましょう。

bitFlyerに登録する

その他のおすすめ仮想通貨取引所3つ




ビットコインの取り扱い日本一!
ビットコインを買うなら
『ビットフライヤー』

TVCMも放映中で安心して利用できるでしょう。セキュリティ体制もバッチリ整えられていますので、長期的に『ビットコイン』『イーサリアム』を保有するならビットフライヤーがおすすめ!








圧巻のマイナス手数料!
セキュリティの高さに強み
『ザイフ』

ザイフの特徴はマイナス手数料!なんと取引をすればするほどビットコインが増えていきます。他にも会社を挙げてセキュリティ向上に務めていますので、上記の取引所と分散してザイフで仮想通貨を保有することをおすすめします。








指値注文可能!
隠れた優良取引所
『ビットバンク』

仮想通貨取引所としての知名度は少し劣るかもしれませんが、隠れた優良取引所としてビットバンクをおすすめします。使い安さや手数料の安さは他の取引所を使ったことがある方なら納得できるでしょう。




2 件のコメント