【仮想通貨取引所】ビットトレードの特徴やメリットと登録の手順まとめ

ビットトレードは、2017年9月29日に金融庁に仮想通貨交換業者として登録された仮想通貨の取引所で、操作性が高いチャートと人気の仮想通貨を取り扱っているところが特徴的です。

コインチェックやビットフライヤーなどと比べると知名度は劣りますが、手数料を抑えながら取り引きもできるので、ある程度慣れてきた人は登録を検討してみてもいいのではないかと思います。

特に、リップルを取り扱っている取引所は現状少ないので、リップルの頻繫な売買をする方にはおすすめです。

今回は、そんなビットトレードの特徴と登録方法について解説していきたいと思います。

登録は超簡単!ビットトレードを始めよう!

『ビットトレード』は、操作性の高さと指値注文ができるところがポイントです。特にリップルの指値注文が可能な国内取引所は数少ないので、頻繁に取り引きをする方は登録してみて使ってみることをおすすめします。

ビットトレードに登録する

ビットトレードの特徴と取り扱い通貨

それでは、さっそくビットトレードがどのような取引所であるかを説明していきたいと思います。

ビットトレードの会社情報

会社名

ビットトレード株式会社
代表取締役社長 閏間 亮
所在地 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
設立 2016年9月12日
資本金 5,100万円(2017年5月末時点)

ビットトレードの会社情報は以上の通りです。設立から1年強の非常に若いベンチャー企業だという印象を受けます。

金融庁の仮想通貨交換者に登録

ビットトレードは金融庁の仮想通貨交換業者にきちんと登録されています。登録番号は『関東財務局長第00007号』です。

参考:仮想通貨交換業者登録一覧|金融庁

ビットトレードで取り扱っている通貨

通貨名 単位 特徴
ビットコイン BTC 言わずと知れた仮想通貨の代表的存在
リップル XRP 送金技術に優れた仮想通貨。国内での取り扱いはまだ少ない
ライトコイン LTC※ ビットコインの弟分的存在。発行枚数が多く、送金速度も速い
イーサリアム ETH※ 自由度の高いアプリケーションプラットフォーム。ビットコインに次いで時価総額2位
モナーコイン MONA 日本初の仮想通貨。コアなファンが多く、最近暴騰して仮想通貨界隈を沸かせている
ビットコインキャッシュ BCC ビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨

※日本円との交換はできずBTCとの交換のみ

ビットトレードで取り扱っている仮想通貨は上6種類です。時価総額上位の仮想通貨は網羅しているといったところで、さらに最近なにかと話題のモナコインも取り扱っています。

リンクをクリックすると各仮想通貨について解説したページに飛びます。

ビットトレードの手数料

売買手数料

メイカー テイカー
BTC 0.20% 0.20%
XRP 0.25% 0.45&
LTC 0.30% 0.70%
ETH 0.20% 0.25%
MONA 0.30% 0.70%
BCC 0.30% 0.70%

ビットトレードで売買するときの手数料は上のようになっています。メイカー取引とは、自分で価格を指定して売買してくれる人が現れるまで取引成立しない取引方法で、テイカー取引は、板注文を基に決まった金額ですぐに取り引きする方法です。

入出金手数料(日本円)

銀行入金手数料 銀行手数料を自己負担
銀行出金手数料 648円

ビットトレードでは、銀行入金のみで手数料は無料(銀行手数料はかかります)です。手数料がかからないことは良いのですが、銀行振込は入金日時によっては反映が遅れる場合がありますので、購入予定の方は前もって入金しておきましょう。

送金手数料(仮想通貨)

BTC 0.0005BTC
XRP 0.15XRP
LTC 0.001LTC
ETH 0.0005ETH
MONA 0.001MONA
BCC 0.001BCC

ビットトレードから他のウォレットなどに送金する際に発生する手数料です。これはビットトレードに支払うものではなく、マイニングをしてくれている人達への報酬となります。

ビットトレードの特徴

以上がビットトレードの概要ですが、著者が個人的な観点からビットトレードの良いと思う以下の2つの特徴をさらに上げておきます。

チャートの操作性が高い

ビットトレードのチャートは上のようになっています。初心者の方からしてみれば少し難しく感じるかもしれませんが、ローソク足チャートやラインチャートを切り替えれたり、インディケータでテクニカル分析ができたりと、操作性が高いところがポイントです。

ある程度慣れてきた人は、勉強がてらにビットトレードのチャートをいじってみてもいいですね。売買のタイミングの良し悪しが少しずつ分かっていくかと思います。

リップルやライトコインの指値注文が可能

また、指値注文ができるところもポイントが高いです。仮想通貨投資初心者に人気のコインチェックやビットフライヤーでは簡単に取り引きをすることができるのですが、実はあの価格は各取引所が決めた売買価格で差額(スプレッド)が大きいです。

頻繫に取り引きをしているとそれだけでマイナスになりかねません。指値注文では自分で価格を指定できますので、差額で大きなマイナスになるような事態は防げるでしょう。

ビットトレードに登録する手順

それでは、こちらではビットトレードに登録をする手順をお伝えしていきたいと思います。はっきり言ってかなり簡単なので、実際にやりながら分からなくなったら、こちらのページに戻ってきてもらえればと思います。

メールアドレスの登録とパスワード作成

メールアドレスの登録

以下のリンクからビットトレードのサイトに行きましょう。

上のような画面になると思いますので、メールアドレスを登録しましょう。

メールが届く

メールアドレスを登録すると、すぐにそのアドレスにメールが届くかと思います。

貼られているリンクから再度アクセスしましょう。

パスワードの設定

上の画面が出てきますので、ビットトレードにログインするためのパスワードを設定しましょう。

パスワードの設定の注意点!

ビットトレードは、あなたの大切な資産を保管する場所でもあります。

  • 他で使っているパスワードを使い回さない
  • パスワードは英数字と記号を入り混ぜて複雑にする
  • 忘れないようにきちんと保管&他人に知られないようにする

この3点は最低限守るようにしましょう。

個人情報の登録と本人確認

以上でいったんアカウント作成は完了ですが、本人確認が完了していません。本人確認が終わっていないと仮想通貨の取り引きができませんので、このまま一気にやってしまいましょう。

個人情報の入力

パスワードを設定すると、上の画面に切り替わっていると思いますので、個人情報を入力していきましょう。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所

を入力するだけですから簡単です。

次に進むと

  • ビットトレードを利用する目的
  • 職業
  • 外国の重要人物かどうか

を選択します。選択式なので難しいことはないかと思います。

本人確認書類をアップロードする

次に、本人確認書類を提出します。提出と言っても、本人確認書類の画像を写真で撮ってそのファイルをアップロードするだけなのですぐにできます。

本人確認書類として

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

のいずれかの写真を取りましょう。免許証やカードであれば両面。パスポートは、顔写真が載っているページと住所が書いてあるページにしましょう。

郵便を受け取って完了!

その後本人確認の審査が1日程度で終わります。審査が通ればビットトレードから簡易書留郵便で本人確認完了のお知らせが送られてきますので、そちらを受け取って本人確認完了です(だいたい2~3日で届きます。他の取引所より早かったです)。

上のような郵便物が送られてきます。

本人確認が完了したかどうかは、ビットトレードに一度ログインして、『登録情報』から『本人確認書類』の状況を確認しましょう。こちらも、ビットトレードの確認作業があるようで、少し時間差があるようです。翌営業日まで待つ時もあるかもしれません。

以上でビットトレードへの登録は完了です。あとは入金してトレードを始めていきましょう!

まとめ

いかがでしょうか。著者がビットトレードに登録した一番の目的はリップルが指値注文できるところでした。登録も非常に簡単ですぐに終わったので、さっそくリップルをいくつか取り引きしていこうかと思います。

みなさんもいくつかの取引所を比較して使いやすい、手数料が安いところを見つけていきましょう!

登録は超簡単!ビットトレードを始めよう!

『ビットトレード』は、操作性の高さと指値注文ができるところがポイントです。特にリップルの指値注文が可能な国内取引所は数少ないので、頻繁に取り引きをする方は登録してみて使ってみることをおすすめします。

ビットトレードに登録する

オススメ仮想通貨の取引所3選




ビットコインの取り扱い日本一!
ビットコインを買うなら
『ビットフライヤー』

TVCMも放映中で安心して利用できるでしょう。セキュリティ体制もバッチリ整えられていますので、長期的に『ビットコイン』『イーサリアム』を保有するならビットフライヤーがおすすめ!








圧巻のマイナス手数料!
セキュリティの高さに強み
『ザイフ』

ザイフの特徴はマイナス手数料!なんと取引をすればするほどビットコインが増えていきます。他にも会社を挙げてセキュリティ向上に務めていますので、上記の取引所と分散してザイフで仮想通貨を保有することをおすすめします。








指値注文可能!
隠れた優良取引所
『ビットバンク』

仮想通貨取引所としての知名度は少し劣るかもしれませんが、隠れた優良取引所としてビットバンクをおすすめします。使い安さや手数料の安さは他の取引所を使ったことがある方なら納得できるでしょう。